メニュー

前立腺癌について

138399

PSA検査・前立腺癌の増加

国立がん研究センターの2015年の予想では、国内の男性の癌罹患率で初めて前立腺癌が1位になるとされています。

PSAはprostatic specific antigenの頭文字を取ったもので日本語では前立腺特異抗原といわれます。約30年前から血液検査で測定できるようになりました。前立腺癌はそれまで殆どが進行して自覚症状を伴ってから発見されていました。しかし、PSA検査ができるようになってからは早期の前立腺癌が診断できるようになりました。正常値は一般的には4.0ng/ml以上とされていますが、年齢を重ねるごとに微増する傾向があります。最近は検診を受診する年齢も50歳前後の方が増えてきた結果、年齢階層別基準値(50-64歳は3.0ng/ml、65-69歳では3.5ng/ml)も考慮する必要がでてきました。

PSAが異常値であれば癌の可能性があります。検診が積極的に行われる結果、毎年多くの方が生検を行い、前立腺癌と診断される方が増えたと考えられます。

一般的には前立腺癌は緩徐に進行し、年齢が高い方に多く見つかる傾向が高いことがわかっています。治療も手術、放射線治療、ホルモン治療と選択肢が多く、根治ができなくても長年コントロールが可能です。

 

当院で可能な検査と治療

当院では診断に関してはPSA検査や前立腺エコー、場合によっては前立腺の針生検も行うこともあります。治療に関してはホルモン注射や内服治療が可能です。PSA値が気になる、健康診断でPSA高値を指摘された方、親戚に前立腺癌がいらっしゃる方は、相談にいらしてください。また、現在他の病院でホルモン治療を行っている方で、何年も治療を継続して症状が安定されている方、現在通院先が遠くて近くでの治療を希望の方、在宅でホルモン治療を行ってほしい方などはお気軽にご相談ください。

 

※世田谷区在住の方へ

平成28年度より60歳以上の男性で、過去に区の前立腺がん検診を受診したことが無い方に限定して、対象年齢が拡大されました(今までは60歳・65歳の方が対象)。

PSA検診希望の61歳以上の方は世田谷保健所健康推進課(03-5432-2447)に電話で申し込みが必要です。

社保の本人は除外対象(任意継続者は可)。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME